宇宙と未来の整体を目指す。
*
ホーム > 医学 > 自分の性器に思い悩んでいる・・・

自分の性器に思い悩んでいる・・・

男性性器に自信が持てないことが、男としての自信のなさ、男女関係の自信のなさに結び付いている男性もいらっしゃると考えられます。面持ちが人それぞれでまったく異なるように、男性性器のサイズ、形状、カラー、曲がり具合は十人十色。その中でも思春期は成長過程でもあるため、まだまだこれからといった男性もおります。つきあう恋人や性行為の相手の前提条件として、男性性器のサイズを意識する女性もいらっしゃると推測されますが、たくさんの人がそうではありません。分かりやすく言うと、おっぱいがデカいのが好きな人もいたら、ちっちゃなおっぱいの方が好みという男性もおりますし、そもそもおっぱいのサイズをパートナーの条件としてどれだけウェートを置いているかは人による、ということともつながります。「持ち物より所持者が重要」という人もいるというわけです。
男性自身の小ささに悩む男性もいらっしゃると思われますが、勃起時4〜5cmあったら、妊娠のための機能に気にすることはありません。

男性性器がちっちゃいというほとんどの場合は治療を必要としませんが、中には治療が不可欠かつ効果的なケースもあるので、不安なケースは泌尿器科で診察をしてもらいましょう。それから、陰嚢がいきなりデカくなったというケースは精巣腫瘍のきらいがあるので、すぐさま泌尿器科で診察してもらってください。

東京スカイクリニック 料金

成人になればなるほど、メラニン色素という肌の色の成分が分泌され、男性性器が黒くなる男性もいらっしゃいます。疾病じゃありませんから、ご安心ください。マスターベーションや、性体験の有り無しとは関係なしに、黒っぽくなる男性もいれば、成人しても変わらない男性もいますから、心配しなくて何の問題もありません。

勃起(ぼっき)はウォッチする・聞くという直感的なアプローチや、性的なイマジネーションや男性性器へのダイレクトなアプローチが脳に伝達し、勃起中枢(ぼっきちゅうすう)という神経に命令がいき、即座におこるケースがあります。その命令によって、男性性器の中にある「海綿体(かいめんたい)」というスポンジ状の組織に血がジワリジワリと流れていき、男性性器はかたくでっかくなり、起き上がる状態が勃起になります。条件反射のようなものですので、あなたがご自身でセーブするのが不可能なことだってあります。射精をしたら勃起はおさまりますが、すぐさま射精することが困難なシチュエーションのケースでは、しずまるまでそれとなしに隠してみてはいかがですか。

ついでに申しますと朝におこる勃起(俗にいう朝立ち)は熟睡できない時に勃起中枢がはたらいて引き起こされるもの。起きてちょっとしたらおさまります。

性欲を解決するやり方として、ガマンしたりとか、エクササイズや道楽で気分を切り替えたり、マスターベーション(オナニー、一人H、セルフプレジャーとも)も一つの方法です。男女ともに自分自身の体を愛して気持ち良さを味わい、心をおちつけ心が落ち着くのは健全であり普通のことです。セルフプレジャーは何百回しても全然やらないのも体に良くない作用はないのです。射精後はくたびれますが、頭が悪くなったり、ニキビや薄毛が起きたり、背丈が伸びなくなるということなどありません。